ユーモアは万国共通の潤滑油

外国人のお客様との会話で、私が大切にしていることが『笑い』です。

歴史などの硬い話題の合間にちょこっと入れるように心掛けています。

以前、お客様に『高校生の息子がいる』と伝えると、こんな質問を受けました。

"Does your son speak English?"
きみの息子は英語を話すのかい?

そこで私は…

"No, he doesn't. He doesn't speak even Japanese."
いいえ、息子は日本語も話さないわ。

と答えました。

つまり、

『思春期だから』と暗に伝えたのです。
お客様もすぐに理解して
『そっか、アハハ❗️』と笑っていました。
『仕方ないよ。僕もそうだったもん。』

2017年10月27日